友達がいない社会人の特徴

Top > 人間関係で > 友達がいない

友達がいない社会人の特徴

ひきこもり、ニート。ボッチが珍しくない世の中です。 「ソロ」といえば聞えはいいですが、やはり一人は寂しいもの。 「自分には友達がいない」 そう悩んでいる人もいるでしょう。どうして友達がいないのでしょう。自分を含めたのボッチには、なぜ友達ができないのでしょう。友達がいない人の特徴を把握すれば、自分の欠点に気付きます。友達がいないことをデメリットと捕らえてますが、実はメリットだってあるんです。

友達作りが難しい社会人

本当の友達とは?

本当の友達って何だかわかりますか。誰かに質問されたとき、なんて答えますか。さりげなく傍にいるのが友達。一緒に遊ぶ人が友達、悩みを相談できるのが友達。人によって回答が違うのが自然です。 本当の友達の定義は人によって異なる。環境の違うあなたと私では違って当たり前。ということで、まず、自分にとって本当の友達とは、どんな存在なのかを考えてみてください。

同じ空気を吸って一緒に過ごす友達が欲しいのか、それとも、お互いが信頼しあった関係の友達が欲しいのか。それを考えるのは大切なことで、第一歩になります。 また、自分には友達が必要なのかということも、自分と向き合って考えてみてください。自分に必要ないと心の底では思っている人が友達を作っても、本当の友達になることはできません。

適当に友達を作ることも、相手にとって失礼ですしね。本当の友達を作りたいのなら、自分と向き合ってしっかりと自分を知ることから始めましょう。大げさですが、敵を知り己を知れば百戦危うからず です。 友達がいないからと言って、みんなが人生を損している訳ではありません。

知り合いはいる友達はいない

会ったら話をするけど、わざわざ会うことはない人。会話する程度の関係であって、お互いを信頼しているわけではない人。そういう繋がりの人たちは誰にでもいますよね。 近所の人やクラスメイト、仕事仲間など知り合い程度の関係。生きて活動していれば、必ずできる生じる繋がりといっても過言ではありません。

そうした、「知り合いは多い」けど、実際に結婚式に呼ばれたり、頻繁に会ったり、心から信頼できると言う友達がいないという人は、意外にも多いものです。友達がいないということから、人によっては寂しさを感じることもあるでしょう。また、友達が欲しいという感情が湧いてくる時だってあることでしょう。自分に友達がいないのはなぜだと思いますか。あなた自身に原因がありますか。それとも相手に問題があった?

そんな、友達がいない人の特徴を考えいきましょう。 ちなみに、友達がいない事はデメリットでしかない。と思われがちですが、そうでもありません。メリットもたくさんあるので心配はいいりません。メリットを知ることで、現状を少しでもポジティブに捉えることも悪くはないものです。

友達がいないと悩んでいる人は、自分の欠点を知って、「人から好かれる人(大事です!)」になりましょう。

友達がいないと成功する?

友達がいないという人にもタイプがあり、大きく2つの種類に分けることができます。 1つは「人生を、より充実に過ごす為に、あえて周りの人と極力関わらないタイプ」です。関わりを減らしてるつもりはなくても、自分の人生の充実に全力で向き合ってるうちに、どんどん周りから友達がいなくなっていく人も、このタイプです。

2つは「自分に何らかの問題があって、友達ができないケース」です。これは上とは逆で、友達が欲しいと思っていても、なかなか作ることができないことが多いです。 1つ目のような自分の人生に全力を尽くしている人は、しがらみに時間をとらない分、成功する可能性があるのです。成功という定義や成功の理由はさまざまですが、友達がいない人は、成功を掴むチャンスを持ってるのかもしれません。

自分の人生を第一に考えられる

メリットとデメリットは背中合わせです。友達が多い人は周りから豊かに思われますが、常に友達といないと落ち着かない、寂しいと感じる人なら「他者依存度が高い」かもしれません。他者依存度が高いのであれば、他人に人き方を委ねた人生を送っている可能性があります。人間は、人と関わりを持つことで、幸福を感じる生き物です。交友関係によっては、それだけで幸せに過ごせることもあります。

しかし、「常に友達といないと寂しい」と感じるならば、他人に依存することで人に振り回されてしまいます。 友達を第一という考えは、とてもすばらしいのですが、それが過ぎると自分の意思で行動することができなくなります。「自分を中心に考えた人生」ではなく、「相手を中心にした脇役の人生」になってしまいます。 夢は正直です。夢の中で、自分の立ち位置はどこにありますか。主人公を傍観しているようなら、そういう生活を送っている証拠です。

自分の幸せは、自分では導き出すもの。友人を中心に置いていると、自分の本当の幸せを導き出すことができなくなってしまうものです。

友達がいない人の場合は、自分の考えたしっかりと持ち、自分を軸にした人生を送ることができます。客観性にかける面もありますが、自分が設計した人生を謳歌するためには、友達がいない方がいいと考えることも出来るのです。「自分の人生こそ第一」と考えるためには、友達がいなくなったとしても、より自分が設計した人生を謳歌するために必要なことだったということもできます。

本当の自分の姿でいれる

多くの人と関わりを持っている人は、知らず知らずのうちに本当の自分のを見失うことがあります。それは、人に嫌われないように、人に嫌な想いをさせないように、と考えることが原因です。トンガリが無くなって丸くなったという言い方もありますが、自分を失ってしまうのは問題です。友達に嫌われないように、常に顔色を伺って過ごしている人は少なくなく。嫌われないようにと考えてしまうと、嫌なことでも、いい顔をしてしまうものです。

嫌な気持ちを押し殺していれば、いつか本当の自分の姿を見失なってしまいますよね。しかし友達がいない人は、必要以上に、人の顔色を伺う必要がありません。本当の自分をしっかりと保ち続けることが出来るのです。 他人に依存しないで自分の人生を全うできる人は、「自分の考えが理解できないのなら、離れていけばいい。と割り切れる傾向があります。

自分を通しすぎると軋轢を産むことになりますが、「不要な関係性」をしっかりと見極めて、自分をもつことも出来るのです。本音で生きていれば、自分の本音をさらけ出せる「真の友人」に出会うことができます。

難しいにように聞えますが単純な話しです。初めから本音をさらけ出せば自分が丸見えになります。知った上で寄ってくる相手は、本音に共感してくれていることになります。本気で付き合える友人に出会う確率が高くなるのです。本音をさらけ出すことができないような、上辺だけの友達が何人いても、自分の負担になるだけ。真の友人と付き合うことこそ、人生の幸せの一部なのです。

本当にやりたいことが見つかる

自分が本当にやりたいと願うことは、自分の中に隠れ潜んでいます。本当にやりたいことを、全うしている人は、自分の中に潜んでいるものを、引き出すことができた人です。

自分の中に潜んでいる、やりたいことを見つけるのは言うほど簡単ではなさそうですが、いかがでしょう。よく自分探しの旅に出る人もいたりしますけどどうでしょうか。旅に出て刺激を求め、そこで何かを発見する人もいますが、万人に当てはまるものではなく意味がありません。自分のやりたいことは、心の中に潜んでいます。オホーツクの流氷に乗っているわけではありません。わざわざ出かけるなくでもそこにあるのです。

心の中にあるものを引き出すためには、一人の時間が大切です。一人になり、本当の自分と向き合うことが大切なのです。そういう意味の一人旅なら推奨できますが、仲間とわいわい出かけるのは本末転倒です。

一人の時間は寂しいのはわかりますが、常に友達と過ごしていたら、本当に自分がやりたいことに、出会えなくなってしまいます。友達と程よい距離感を保ち、一人の時間も大切にできる人なら問題ありません。しっかりと一人の時間を大切にして、自分自身を軸にすることが重要なのです。

本当はどんな人生を送りたいのかを考える時間をたくさん作りましょう。これを定期的に行えば、知らず知らずのうちに、自分の軸が育っていき、周囲や環境に振り回されない、本当の価値観や心のバランスが保てるようになります。自然体で、本当にやりたいことが見つかるようになるものです。

一人でやり遂げる力を身につける

「人間は一人では生きていけない」と言う言葉があります。確かに、人間は社会を構成して生きています。自給自足は困難だからこそ、役割を分担して進歩してきたわけです。完全に一人になってしまったら、生きていくことはできません。しかし、思い起こしてみれば、大事なことを一人でやり遂げなければいけないという場面は実に多いものです。

友達と悩みを共感して楽しい時間を過ごせば、それを忘れることができます。しかし解決を放置して都合よく忘却するのは、ただの現実逃避です。困ったことに、多くの人は友達を現実逃避の手段として、利用しがち。悪いことではないのですが、習慣に慣れきってしまうと、友達がいないと悩みを乗り越えられなくなってしまいます。

人生は、大人になればなるほど、悩みや問題を抱えることが増えていきます。そんな時に友達と過ごして、現実逃避の後回しにしてしまうと、人生の損失になることもあります。 友達がいなく孤独力を持っている人は、悩みや問題を直視するしかありません。余所見ができないので真剣に取り組み、より良い解決方法を導き出すことが出来るのです。

空想力はオリジナリティ

何かを想像する力は、一人の時間と向き合うことによって身につくものです。自分の内面と向き合って、思考を高めることが大切なのです。物に溢れている現代は、想像する力が、何よりも大切な時代です。想像力に乏しい人は、社会の中でいつでも代わりの利く存在になりやすくなってしまいます。 社会の中でより上の立場に立ちたいという想いがあるなら、確固とした想像力をしっかりと身につけることが重要だといえるでしょう。

良くも悪くも友達がいない人は、一人で自分と向き合う時間を多くなります。自然に想像力が身につき、成功しやすいとされています。社会の中で成功している人の多くは、自分の考えをしっかりと持っていて、想像力が高いのです。

お互いを高め合う存在に出会う

同じ目標に向かって、突き進む関係性は、自分を高めるためにもとても重要です。友達の定義は「同じ時間を過ごす人」です。 そのため、同じ目標に向かってお互いを高め合う存在ではない、と言うことができます。

自分と同じ目標に向かって、お互いが協力したり、時にはライバルになったりすることで、自分が持っている力を、最大限に引き出すことが出来るのです。 友達がいなく、孤独力を持っている人は、人と本音で関わることができるので、考えてに共感したり、同じ目標を持っている人が、自然に集まってきます。

行動を振り返ってみよう

友達がいないのは自分に問題がある?

本当の友達を作りたい、上辺だけでもいいから友達を作りたいと考えていても、自分の方に問題があるならば、思うように友達ができないこともあります。

じつのところ、友達がいない人には多くの共通点があります。友達ができないのは、もしかしたら自分に友達を引き寄せない原因があるからかもしれません。これから話していくことに当てはまるなら、自分に問題がある場合があります。自分としっかり向き合って、悪いところは改善できるようにしましよう。

不平不満ばかりを言う

自分の悪いところを指摘してくれた、相手に不平不満を返してませんか。その友達は、自分のことを思って注意してくれてます。関心や興味がない人に注意する人はいないでしょう。注意を受けた時に言い訳や不平不満を並べてしまう人は、友達がどんどん離れていってしまう傾向があります。もしも、友達から注意を受けた時に、素直に受け入れることができないなら、そそれが人を寄せ付けない一因になってます。

わがまま

自分の要望ばかりを突き通そうとしてしまうと、相手はとても嫌な気持ちになります。自分の要望ばかりに振り回された友達や周りの人は、ストレスを感じてしまいます。相手から、いつも振り回されてばかりいたら、どう感じるでしょうか。最初のうちはガマンできても、次第に不満が溜まっていくのではないでしょうか。 無意識のうちにわがままになっている場合もあります。自分がどのように友達と接しているのかを、一度客観的に、冷静に考えることも必要です。友達と過ごしているとき、自分の要望が割と多く通っていると感じるようなら、わがままになっている可能性が高いです。

友達に無関心

久しぶりに友達に会った時、「最近どうしてた?」と聞かれたことはないでしょうか。これは、単なる話題作りの布石だけではではありません。こちらに関心をもってくれているからこそ、出てくる言葉なのです。

自分に全く関心がない人と友達になりたいでしょうか。多くの人は否と答えるはずです。 友達と呼べる存在はいる。でも、友達が自分と遊んでいない時に、何をしているのか、全く気にならない。という人は要注意です。

友達を作るためには、相手に関心を持つことが大切なのです。そして「自分はあなたに関心を持っています」と伝える心がけが大切です。

人と関わりを持たない

友達を作ろうと思ってもできないという人にも、2種類あります。1つは「性格や行動に問題がある人」 2つは「そもそも人との関わり方を知らない人」です。小さい頃から、多くの人と関わりを持たなかった人は、人とどう接していいのか、そもそもわかりません。

他人と接する機会が少ないかったため、本当に気が合う人と巡り合えていない可能性もあります。人との関わり方を知らないので、相手との距離感を掴めずに、友達としての関係性を上手に築いていくことができないのです。 これは、友人付き合いから遠ざかった人にもいえます。付き合い方を忘れてしまっているのですね。

ほかにもこのようなことがあります。

 友達より恋人優先  人の悪口ばかり言う  身なりが不潔  異常にケチ  自分に自信がない  相手に必要以上に指摘をする