会社を辞めたくなった。失敗しない転職方法とは

Top > 職場にて > 失敗しない転職方法

会社を辞めたくなった時 失敗しない転職方法とは

仕事を止めたくなる理由は、多かれ少なかれストレスの高まりです。嫌なものは嫌だという気持ちは理解できなくないですが、まずは自分の状況を確認しないと転職に失敗することになりかねません。

転職したいとき

仕事でストレスが溜まっているかも

楽しくないのもストレス

今から以下のことをチェックしてみてください。 いくつも当てはまるものがあるようならば、あなたはきっと仕事のストレスを溜め込んでいます。

・会社へいくのが愉しくない
・いまの仕事が楽しくない
・ストレスがある気がする
・仕事がうまくいってない
・上司やメンバーとうまくいかない
・仕事が自分に合っていないのかも知れない

当てはまっているあなたは、仕事でのストレスが溜まっていると思われます。 面白くない職場や仕事を続けていく状況は、とてもキツイものでしょう。そんなツライ感情を抱えたまま仕事をするのは、あなたが本来持っているパフォーマンスを発揮できなくなります。それどころかいつか、仕事を続けるのが困難になって、心の病気になるリスクが高まっていくかもしれません。一度振り返って、置かれている状況を把握し、今度のことを考えてみる機会なのかもしれません。

やっている仕事を見つめなおしてみる

いけない点を洗い出す

まずは、今の仕事が辛い理由を挙げてみましょう。ゆっくりでいいので思い出してみてください。 大きく分けると、2つの課題があると思います。ひとつは 仕事そのものについての問題。そして、もう一つは、 会社に関する問題です。

「仕事が楽しくない理由」が、仕事内容がミスマッチだったり、同じ仕事に飽きていたり、仕事のものに意義を見出せないなど。「会社に行きたくない理由」としては、人間関係が辛かったり、結果に対するプレッシャーが高かったり、仕事以外の部分に時間をとられてイライラしたり。

これは一例ですが、どこに自分の問題があるかを分析してみましょう。漠然と辛いと思っていた原因がはっきりしてくるはずです。

状況を変えられるならもう少し頑張ってみる

仕事が嫌な理由が判明したところで、自分で動かせる可能性を考えてみます。転職ではなく、今の仕事で環境が変えられるか、状況を変えられるか、一度頑張ってみましょう。相手がいなくなるなど、時間が解決してしまうこともあります。つらい状況であっても、自ら進んで変えていけるようならまだ希望はあります。

「仕事が辛い人」がやりがちな失敗パターン

安易に資格を取ろうとする

昔から「芸は身を助ける」といいますが、資格はたしかに便利です。一度取ってしまえば仕事がどんどん舞い込んでくるという資格もあることはあります。しかしそういった要望の高い資格は取得も難関。取得するのには長期間の勉強期間と、資格取得のコストがかかります。取りやすい資格もありますが、そちらは資格保有者が多く、まず仕事にありつくことが難しいでしょう。

それでも、長い時間とお金をかけて、希望の資格を取得したとしましょう。その資格の仕事が、もしも自分と合わなかったらどうでしょう。「こんなはずでは?」というのは往々にしておこります。お金と時間の無駄遣いとなります。資金のこともあります。さらにいうと、資格を取っても営業力は必須スキルで絶対に必要になります。独立独歩が多いので、すべて自分でやらないといけません。個人での営業は企業時代と比べて、とても大変です。

イエスマンになれば安泰だと思い込む

会社組織においての意思決定は、大なり小なり上から下されます。しかし、それで100%従って言うことだけを聞いていれば、成功するという考えは誤りです。 上司はあなたを使って仕事をしているだけであり、あなたの出世や将来を確約してくれはしません。上の立場になればなるほど、部下を上手に使う意識は強くなるでしょう。表向きのモチベーションを高めるためには、部下を持ち上げたり融通を効かすこともあるでしょう。でもそれは本音ではなく、甘い言葉でこき使う方便かもしれません。適したフィールドをみつけて、仕事の本質を見極められる場所に身をおくのが正解なのです。

無理な残業で認められようとする

外資系では少ないのですが日本企業にありがちなのが、残業をすれば一生懸命仕事していると思われることです。 意味ある残業であれば成果を認めてもらえますが、相手もバカではありません。上司や周りの顔色を伺うだけの残業は、ほとんど意味はありません。仕事の肝は成果主義というのが本来求められるているはずです。

副業で稼ごうとする

覚えがありますが、副業は本当に大変です。情報商材などでありがちなのが月100万円稼げるなどといった広告。それを本気で実現しようとすると苦労を抱き込むことになります。「2足のワラジ」といいますが、普段の仕事をこなしながら、副業をするのは大変です。仮に売上が出たとしても、大した金額にならないものです。広告を貼った企業に踊らされ、コストの方が多くなるものです。

あなたを求めている企業は絶対にある

辛さには終わりがある

永遠の幸福が無いように、永遠の不幸もありえません。いまが辛くてもいつかは無くたってしまうものです。でもそうできるかどうかは自分の行動しだいとことなんです。

よくある考えなんですが・・・・

 今の仕事が辛い、これからも辛さはまだ続く
 仕事内容と職場を変えたとしても辛さは消えない
 自分は仕事そのものに向いていないのかも

かなり多くの人は、こうしたように考えてしまってます。しかし、周りをみてください。仕事がうまくいっている人や、楽しい人、成功している人の共通点は、自分にあった仕事や職場と出会えた人か、環境を味方につけた人だけです。これは、仕事内容だけにとどまらず、職場の人間関係すべてに当てはまります。

仕事が辛いと感じている人や、自分のやっている仕事に自信がない人ほど、「どこの会社でも同じ、どんな仕事をしても同じだ」と考えて諦めてしまっています。これでは全く状況は好転することはないでしょう。

仕事が辛い悪循環を断ち切ろう

実は、仕事や職場が嫌になるには、大きなパターンが存在します。

・1
 仕事をミスした
 → 仕事が辛くなる
 → 迷惑がかかった
 → 他人と比べて自己嫌悪

・2
 人間関係がどうも
 → 職場で浮いているような気がする
 → 仕事に行きたくない

このような悪循環を好転させる必要があり、良いほうに導いていかないとズルズルと悪化していきます。今の職場で行き詰って、どうにも回復の見込みがないなら、それはあなたばかりの責任ではありません。いっそ、自分のスキルを求めている環境を選び治したほうが、スッキリ解決するでしょう。

自分の市場価値を見失わないで

世の中は狭いようで広い。本当にあなたのスキルを必要している企業はあるのです。今はただ、その場所に出会ってないだけなのです。「運命」という言葉を使うと陳腐になってしまいますが、そういう会社は確かにあります。まだうまく探せていないだけなのです。

では、どうやって自分にあった仕事を探しているのでしょうか。 まず「転職エージェント」に相談してみるのもいいでしょう。

転職エージェントは、転職サイトとは違います。転職サイトは、自分で情報を探す仕組みですが、 転職支援のプロがマンツーマンであなたのキャリアカウンセリングを行い、あなたの「強み」や「特性」を引き出し、あなたに最適な求人企業を無料でご紹介するサービスです。転職成功のために専任の担当者がさまざまなサポートをおこなってくれるのです。

そういったプロの転職エージェントはいくつもあるので、信頼できそうな最低3つ以上の転職サイトに登録しておくのがいいでしょう。