ペットロス症候群となりやすい人

Top > 心とストレス > ペットロス

ペットロス症候群 なりやすい人

「ペットを失う事」をペットロスといいます。 長年生活を共にしたペットを失えば心に大きな失望感が宿ります。 そうして精神・身体にさまざまな症状が起こることを、ペットロス症候群といいます。

ペットが死亡したり、行方不明で帰らないことなどがおこると、 飼い主の中に培われた深い愛着や愛情が行き場をなくしてしまい、 混乱や喪失感を引き起こすしてしまいます。 犬やネコ、うさぎなど、可愛がるペットはそれぞれですが、 時に後追いするほど深い傷を負うのはなぜでしょうか。

ペットロス

ペットロスの症状

すべてが後悔の元になる

ペットを失ったとき、直後におこる精神状態ですが、多くの人は、後悔と喪失感に苛まれ始めます。その気持ちは「失までに費やされた時間の長さ」とは関係なくおこるようです。事故のような突然の死でも、闘病の末でも、天寿を全うした寿往生であったとしても、失った後悔は少なからず訪れるものなのです。

人の意識は、自ら「果たしたこと」より「果たせなかったこと」のほうがより思考に影響を及ぼすと言われています。達成よりも後悔の念のほうに針は傾くのです。ペットを失った事実は「果たせなかったこと」としてあなたの心に重くのしかかり、強い悔恨を生んでしまいます。

多かれ少なかれ人の支配下にあるペットは、自分で生活の質を決めることはできません。飼い主の私たちがその子に対する全ての責任を負っているからこそ後悔が生まれる。「これまでしてきた一つ一つの行いは本当にそれで良かったのだろうか」「もしかしたら誤った選択が愛犬の死を招いたのではないか」とか、「少しでも楽にしてあげたいと施した治療が逆に苦しみを長引かせてしまったのではないか」とか。どちらに転んでも、自分を責めて罪悪感の虜になってしまうのです。

引き起こされるペットロスの程度には大きな個人差があります。たとえば、子育てを終えた熟年夫婦や、子供のいないカップルにとって、ペットが我が子同然の存在になっていることもあります。それだけに、失ったショックもまた大きいのです。

ペットロス症候群とは、ペットとの別れなどというストレスが契機となって発症した精神疾患です。この場合、症候群と病気と疾患はほぼイコール。そして精神症状に付随し、身体症状をってしまう場合も少なくありません。

つらい喪失感が離れない

大切に接していたペットを失ったときに訪れる後悔。そして後悔よりもさらに辛いのが喪失感です。ペットの姿がどれほど小さな体であっても、たしかに生きてそこに居るという存在感は、とても大きいですよね。息づかいやニオイ、体の温かさしなやかさ、それらが全て失われてしまい、もう二度と触れることができないという現実が、時が経つほど失った哀しみを強めていきます。そのような喪失感には5つの段階があるといわれます。

ペットロス:悲しみの5段階

ペットを失って悲しいのは当然のことです。多くの人が大なり小なりペットロスを経験しています。 どん底の悲しみからの回復については、まず自分の心と体に起きた様々な変化を「ペットロス」として、本人が認識できるかどうかにかかってくると言われています。

ドイツの精神科医、エリザベス・キューブラー・ロス博士が発表した「悲しみの5段階」というものがあります。 死を目前にした人がたどる心の変化を表しているのですが、これは、ペットを失った人にも共通する部分があるとされてます。

絶対にこうなるという意味ではありません。全ての人が経験するわけではなく、全ての段階を経るわけでもありません。でもなにか大きな悲しみに遭遇した時、このような心の変化が起き得るのだと知っておくことは有用です。知識があれば、自分の心の状態を客観的に認めるきっかけになるからです。

1 否認
ペットの死を受け入れることができないで、その事実を認めないという段階。「もしかするとまだ死んでなどいないのではないか」と、なきがらを火葬に伏す決心がつかないような状態です。使っていたフードボウルや寝床、おもちゃなどを処分することができないのがこの段階といわれます。

2 怒り
自らを責める後悔が、怒りになった段階です。「なぜもっと早く気付かなかったのか」「なぜ病気のあの子を置いて出かけてしまったのか」などという自分への怒り。または、理由の有無に関わらず家族への怒り、「必要のない治療をしたのではないか、薬の処方が合っていなかったのではないか」と獣医師に対する疑念や怒りがわいてきます。ありていに言えば、ペットの死を「何か」「誰か」のせいにしたくなっている段階です。

3 取引
「わらにもすがりつきたい」心境の段階、悲しみの重さを何かに肩代わりしてもらうことで和らげたい心理が働く段階です。見えない存在に「あの子を返してくれるなら何でもします」と願うのもそのひとつ。怪しい宗教にはまるのは、このときかもしれません。

4 抑うつ
悲嘆が強すぎるあまり、他のポジティブな感情や意欲をすみに追いやって、ネガティブなことばかり考えてしまう段階。前向きな姿勢がまるで悪いこともであるかのように、マイナス思考というしょく罪をささげるようにもみえます。何事にもやる気が起きず、ただひたすらに気持ちが落ち込む時期です。

5 受容
時の経過にしたがって悲しみのリアルさが薄れ、徐々に事実を受け入れて行く段階。まだ悲しみは感じるものの、「あの子はラクになったのだから」「天国にたとりついたろうか」と死を前向きにとらえることができるようになり始めます。もとある日常のペースをじょじょに取り戻して行きます。

ペットとの関係や性格によって重さが変わる

思い入れの高さと衝撃を受けとめる心

ペットロスにみまわれてしまう程度や回復にいたる期間は、その人自身の性格や、日頃の様々な物事に対する考え方によって大きく違う結果を迎えます。ショックなことを引きずりやすい人や悲観的になりがちな人、または、ペットを人間の赤ちゃんの様に可愛がって、擬人化した関わり方をしがちな人などは、失った衝撃も大きくなり回復にも時間がかかりがちです。思いを注いだ分だけ反動が大きいのです。

いまは元気であるペットも、いつかはあなたを置いて亡くなります。そのときあなたは、どうのよな心境になるでしょうか。呆然として何も手につかなくなるか、素早く切り替えて悲しみを乗り越えるか。ペットロスの症状判定チェックリストです。

ペットロス症候群の10の兆候

ペットを失う前とは明らかに違う心や体の変化があれば、まずペットロスに陥っていると考えられます。症状の現れ方は個人差があるので、あてはまった項目の多い少ないは、あまり関係ありません。たとえ該当数が少なくても、程度が著しければペットロスです。

 ・体の疲労感が抜けない
 ・胃腸の調子が悪くなったり頭痛がするなどと、体に不調が起きる
 ・空腹なのに食欲が出ない。または食べても満腹感がない
 ・とにかく何をするにもやる気が起きない
 ・何に対しても興味がわかず、楽しみ・喜びが感じられない
 ・孤独感とか不安感が強い
 ・気がつくと後悔の念が浮かんで、自分を責めてばかりいる
 ・ペットの死に関わった人々の判断や言葉をいつまでも責める
 ・視界の端に亡くなったペットが見えたり、声が聞こえたような気がする
 ・予兆なく、とつぜん悲しくなって涙があふれてくる

わかっているけど心が拒否する

1ヶ月以上すぎてもペットロスが治らない

人の心には自浄作用という働きがあります。時が経過することでおのずと悲しみが和らいでいき、それと入れ替わるように日常の喜びや楽しみが戻ってくるものです。ところが、なかなか回復しない、もしくはどんどん悪化したり他の症状も出てくるようであれば、ペットロスから「うつ」に移行している場合があります。

あなた自身や家族に、上のような症状が消えなかったり下記の症状があったりするなら、心のケアが必要になるかもしれません。早い段階でメンタルクリニックに相談することが大切です。

・不眠や明け方に目が覚めて眠れないことが続いてる
・孤独感が激しく死にたくなることも
・生きることがつらく感じる
・ずっと家から出ないで引きこもっている
・幻覚や幻聴がある
・ペットの苦しんでいた様子や最後の姿などが、突然フラッシュバックする

1ヶ月以上すぎてもペットロスが治らない

ペットを亡くすのは辛いものです。ふさぎこんでしまった気持ちを平常に返すのには時間がかかります。すぐには難しいかもしれませんが、自分の心が今どんな状態にあるのか「気付く」ということは、心が回復するためには、とっても大切なプロセスです。心に気付くことで、「これが」と納得できるし、沸き起こる悲しみは、自然な心理として受け入れることができるようになるのです。

悲しみに溺れそうになった時にはそれを否定しないこと。「自分は悲しいのだ」「今の自分が陥っている状態はペットロスなのだ」と認めてしまうことです。症状の軽い、重いは関係ありません。

心情を認めたからといってもすぐどうにかなるものではないでしょう。でも、悲しみが消えることはなくても、少しだけその感情から距離を置き「悲しむ自分」を客観的に見てみることが大切です。失ったものへの罪悪感や後悔など答えの出ない思考のループから、少しずつ悲しみが昇華されるほうへと心の道筋ができていくものです。

そして、もうひとつ大事なことは、悲しみが薄れて行くことに罪悪感を覚えないこと。時と共に生じる心の変化に抗わないことです。ペットの死も悲しみも、そしてその悲しみが癒えることも、すべては自然のあるがままのことであり、戻らない変化を受け入れるくらいの器は誰だって持っているのです。